SPECIAL スペシャルコンテンツ SPECIAL

  • INTERVIEW
  • SUPPLEMENTS
  • TRIAL
  • TWITTER ICON
  • WALL PAPER
  • BANNER
  • MOVIE
  • COUNTDOWN
INTERVIEW

ドラマCD「プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ LET THE WIND BLOW」出演の豪華キャスト陣、総勢9人の収録インタビュー!

▲写真上段左から江越彬紀氏(放送委員)、置鮎龍太郎氏(壇悠次郎)、小野大輔氏(支倉ヒース)、小野賢章氏(小日向穂積)、花澤香菜氏(桜井奈々)、木村良平氏(八神陸)、宮原永海氏(河原崎莉子)。

▲写真左から下野紘氏(門脇歩)、岡本信彦氏(藤原尊)、諏訪部順一氏(久我京介)。

収録を終えての感想を聞かせてください

桜井奈々役・花澤香菜氏(以下花澤):みんなと出会って物語が動き出すところにワクワクしました!! 
そして謎の多いキャラクターばかりなので、続きが気になります。

藤原尊役・岡本信彦氏(以下岡本):架空の競技をつくるなんて、なかなかできないことだなと素直に感心しました。熱い個人戦でもあり、熱い団体戦でもあるので、良い競技だと思います。

小日向穂積役・小野賢章氏(以下小野賢):ストーリーがもっと恋愛寄りなのかなと思いきや、ストライドをがんばる青春色が強い作品で、台本を読んでいて楽しかったです! 収録現場も、知ってる方が多い現場だったので、リラックスして楽しく収録できました!

支倉ヒース役・小野大輔氏(以下小野大):架空のスポーツということで未知の世界でしたが、こんなに熱くなるとは! 
若いメンバーとともに、いい汗をかきましたよー!!

門脇歩役・下野紘氏(以下下野):ちょっとやりすぎかなって思うくらい、自由に演じさせて頂きました(笑)。 とにかく楽しい収録でした。

久我恭介役・諏訪部順一氏(以下諏訪部):本当に顔見せという感じなので、まだまだ把握できていない部分も多々ありますが、早いトコ次の展開を! という気持ちになりました。

壇悠次郎役・置鮎龍太郎氏(以下置鮎):今後の展開が楽しみになりました。

河原崎莉子役・宮原永海氏(以下宮原):莉子ちゃんは人見知りもしないで、奈々ちゃんにどんどん話しかけていくところが、私とは違って良いなぁと思いました。チャキチャキしている所も、うらやましいです。
人生一度は「頼りがいがあってしっかりしている」と言われてみたいものです(笑)。

キャラクターの印象を教えてください

八神陸役・木村良平氏(以下木村):明るくストレートな性格が気持ちいいです。

岡本:もの事を簡潔かつストレートにいうキャラクターなので、ストイックさを感じました。

小野賢:穂積君は可愛い!!(笑)性格はおちゃらけてる部分があって、そこをうまく表現できればな、と思ってお芝居しました!

小野大:武骨だけど熱い男。演じていてうれしくなりました。

下野:歩は、見た目と違ってかなりテンションが高くて、びっくりしましたね。
ただ試合となると、ちゃんと指示を出したり先輩らしい一面も見せたりと、幅の広いキャラクターでした。

諏訪部:ひとことで言うならば「クール」でしょうか? その奥に何があるのか……早く探ってみたいです。

置鮎:まじめ! ザ・先生! ザ・コーチ! 彼の過去編も楽しみにしてます♪

宮原:思ったことを行動に移して、どんどんチャレンジしていくタイプに見えました。

ご自身が演じたキャラクター以外に、気になったキャラクターはいますか?

木村:尊、歩、久我が、どんな芝居をしたのか気になります。

岡本:将棋好きなキャラクターである歩です。僕自身が将棋が好きなので、●●が●以外に、
どんどんでてくるんじゃないかと楽しみにしています。

小野賢:久我恭介です! 謎すぎて逆に気になります!

小野大:恭介。ヒースとの過去が、気になります。

下野:穂積です。いつも歩と一緒にバカなことをしているので、とても気になります。

諏訪部:自分のキャラ以外に浮気はしませんので。恐縮です。

置鮎:まずは自分のキャラをもっと見つめてみたいですね。

宮原:やはり、奈々ちゃんでしょうか。ホンワカしている中にきちんと芯があるキャラクターだぁと感じました。

試合シーンに登場する、奈々、陸、尊、穂積、ヒース、歩を演じたみなさま、試合シーンを演じてみて、いかがでしたか。

花澤:新しい形のスポーツなので、動きを想像しながら演じるのが難しくもあり、楽しくもありました。ハイタッチシーンは実際にマイク前でハイタッチしてみたり、アクティブなアフレコになりました!!

木村:試合を音で表現するのは楽しかったですね。効果音や音楽が入ってどう完成するか、ご期待ください。

岡本:想像しながらやってみたものの、やはり百聞は一見にしかずだと思うので、
ぜひ現実でやってもらいたい競技だなと思います。

小野賢:コースが学校で、ただ単に走るだけじゃなくて普通走らないような直角コーナーを走ったりするので、その状況をイメージしながらお芝居するのが楽しかったです!

小野大:実際にタッチの時に賢章くんとマイク前でハイタッチしながら収録しました。
その臨場感がうまく伝わると良いなぁ。

下野:歩は今回指示出しばかりでしたが、それでも「ストライド」の緊張感をものすごく感じました。今後が楽しみです。

最後に、ドラマCDを楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

木村:まさに、さわやかな青春の始まりです。ぜひ、彼らとともに楽しんでください。

岡本:これから始まるゲームにもぜひ期待して待っててください!

小野賢:作品のよさが詰まったドラマCDになってると思います! ぜひ楽しみにしていてください! よろしくお願いします!

小野大:青春です! 一緒に熱くなりましょう。よろしく!!

下野:ストライドの爽快感とキャラクターたちの愉快なやり取りをぜひとも聴いていただければと思います。よろしくお願いします!!

諏訪部:個人的に、今後どのように展開していくのか、楽しみな作品、キャラクター、キャストです。応援よろしくお願いいたします!

置鮎:作品のプロローグ的内容です。これからのメディア展開に備えて、ぜひ!

宮原:I hope you all enjoy!